峰厚介カルテット

【出演時間】Coming soon..

峰 厚介(Kosuke Mine) Tenor Saxophone

清水 絵里子(Eriko Shimizu) Piano

須川 崇志(Takashi Sugawa) Bass

竹村 一晢(Ittetsu Takemura) Drums

 

峰厚介プロフィール

1944年2月6日 東京生まれ。

中学時代ブラスバンド部に入りクラリネットを吹き始める。17才頃にはクラリネットで

バンドのアルバイトを始め、この頃よりアルトサックスも吹き始める。

高校2年の頃、ジャズ喫茶でレコードを聴いたのがジャズとの出会いである。

 

1963年にジャズバンドに入りジャズクラブで演奏を始め、1969年にピアニスト菊地雅章に

見出され彼のバンドに入団、解散する1973年まで在籍する。

1970年には初のリーダーアルバム「MINE」を発表する。この年スィングジャーナル誌の

読者人気投票アルトサックス部門で渡辺貞夫に次ぐ第2位となり、新人アルトプレイヤーとして注目を集める。

 

1971年にはピアノのMal Waldronの日本公演及びライブレコーディングに参加、また菊地雅章とJoe Hendersonのコンサートにも参加する。この年よりテナーサックスも吹き始める。

 

1973年菊地雅章バンド解散後、ニューヨークに渡り2年間滞在する。この期間にも一時帰国して、菊地雅章のコンサートに出演し、自己のアルバムレコーディングも行うなど活動を続ける。

1975年帰国後すぐに自己のグループを結成して演奏活動を開始、1976年にはGil Evansオーケストラの日本公演にアルトプレイヤーとして参加する。

1978年には本田竹広らとネイティブ・サンを結成しコンサート、アルバム制作(計8枚)など精力的な活動で、ジャズ・フュージョングループとして人気を博す。

1983年同グループでサンパウロ(ブラジル),モントルゥー(スイス)のジャズフェスティバルに出演、ニューヨークのクラブでもライブを行う。

 

その後、板橋文夫、井野信義、村上 寛の3人と結成したFour Soundや富樫雅彦のJ.J Spiritsなどを経て、1992年自己のリーダーグループ峰クィンテットを結成。

1993年にはこのグループによる久々のリーダーアルバム「Major to Minor」を出し、この年のスィングジャーナル誌ジャズディスク大賞の日本ジャズ賞を受賞する。

1996年には同グループでニューヨークのクラブ「バードランド」に出演、1997年には同グループ3枚目のアルバム「Balancez」を出す。

 

現在、自己のグループ以外にも渋谷毅オーケストラをはじめ数多くのセッションに参加している。2004年には渋谷毅、林栄一を迎えリーダー作「Rendezvous」を発表する。

 

リーダーアルバム以外のレコーディングでは菊地雅章、Mal Waldron、渡辺貞夫、日野皓正、

富樫雅彦、渋谷毅オーケストラや、Native Son, Four Sounds などを含め、40枚以上のセッションに参加している。

 

web : http://www.worldcom.ne.jp/~yamagen/mine/top-info.htm

電子地域通貨〈さるぼぼコイン〉をお使いいただけます

会場では、2017年より飛騨地域で利用可能となった電子地域通貨〈さるぼぼコイン〉をお使いいただけます。
スマホアプリにチャージをしておくと、キャッシュレスでお支払いが可能となります。
さるぼぼコイン1,000円のチャージで10ポイントのプレミアムポイントをプレゼント。1ポイント=1円でお使いいただけます。
チャージは、高山駅前の飛騨信用組合本店で行っていただくか、会場に出店予定の〈さるぼぼコインブース〉にて可能です。
会場で使いきれなかったコインは、飛騨地域内の加盟店でもお使いいただけます。

たとえば・・
アプリをダウンロードして、高山駅に着いたら、駅前の飛騨信用組合(ひだしん)本店でチャージ!
会場では、スマホをかざすだけでお支払いが可能です。お金のやりとりがなく、スマートにお支払いいただけます。

さるぼぼコインの詳細はこちら

top_coin_logo

アプリのダウンロードはこちらから

top_coin_app  top_coin_google

協賛

飛騨高山ジャズフェスティバルを
応援してくださるメンバーです