谷口裕和×曽爾テラワキ

【出演時間】12:00 - 12:20

谷口裕和(舞踊家)

昭和52年、飛騨高山生まれ。
高山市内で古くから料亭を営む環境に育ち、幼少の頃より日本舞踊への憧れを抱きながら、舞踊家を強く志す。

西川流にて手ほどきを受け、長唄「雨の五郎」で初舞台を踏む。 
15歳で上京、人間国宝 西川流十世宗家・西川扇藏師の元、内弟子として修業。
19歳の時、舞踊家であり歌舞伎振付師である梅津貴昶師に出会い、梅津流へ入門。
20歳で梅津流師範『梅津貴之助』を襲名。

国立劇場にて、荻江「鐘の岬」の舞台を踏む。
その後、梅津流師範として、数多くの歌舞伎舞踊の振付に携わる。
23歳で、国立劇場に於いて、歌舞伎舞踊の集大成とも言える長唄「京鹿子娘道成寺」を素踊り(黒紋付・袴)で踊る。

評論家・草柳大蔵氏は、著書『生命を燃やしております』の中で、

『貴之助君の舞いは真面目そのもので、
あれほど手数の多い所作をよくぞこなしたものよと、前途に大きな期待を持たせた。
ここが大事なところで、「いまどきの若者は」という表現がオクビにも出しかねるほど、
「型」が立派に出来上がっているのである。』

と 述べ、その実力と類まれな表現力を高く評価している。

 

曽爾テラワキ(音楽家)

幼少の頃よりピアノをはじめ、音楽家としての道を描きだす。

1999年より、オーストラリアの先住民族アボリジニの風笛『イダキ』(ディジュリドゥ)と出会い、自作の竹イダキで路上パフォーマンスを繰り返す。オーストラリア北東アーネムランドの長老、ジャルー・グルウィウィ氏と、その息子ラリー・グルウィウィの両氏に師事。正式なアドプトを受け、家族として迎えられた数少ない日本人のひとり。

一方、旅する楽団『せいかつサーカス』の一員として、イダキ以外の楽器も操り、フジロックフェスティバルや、ロックオンザロックなど、全国のイベントを行脚。

2014年、飛騨高山にて音のプロデュースチーム『ヒダキ・サポーマンス』を開始。

現在は浅野温子氏の『古事記読み語り』企画の専属ミュージシャンや、ソロとしても活動中。本名、寺脇由訓(てらわきよしのり)の愛称yossyとして、子ども達からも親しまれている。

電子地域通貨〈さるぼぼコイン〉をお使いいただけます

会場では、2017年より飛騨地域で利用可能となった電子地域通貨〈さるぼぼコイン〉をお使いいただけます。
スマホアプリにチャージをしておくと、キャッシュレスでお支払いが可能となります。
さるぼぼコイン1,000円のチャージで10ポイントのプレミアムポイントをプレゼント。1ポイント=1円でお使いいただけます。
チャージは、高山駅前の飛騨信用組合本店で行っていただくか、会場に出店予定の〈さるぼぼコインブース〉にて可能です。
会場で使いきれなかったコインは、飛騨地域内の加盟店でもお使いいただけます。

たとえば・・
アプリをダウンロードして、高山駅に着いたら、駅前の飛騨信用組合(ひだしん)本店でチャージ!
会場では、スマホをかざすだけでお支払いが可能です。お金のやりとりがなく、スマートにお支払いいただけます。

さるぼぼコインの詳細はこちら

top_coin_logo

アプリのダウンロードはこちらから

top_coin_app  top_coin_google

協賛

飛騨高山ジャズフェスティバルを
応援してくださるメンバーです