KODAMA AND THE DUB STATION BAND

【出演時間】Coming soon...

1999年、フリーペーパー”Riddim”の創刊200号記念として催された《こだま和文&フレンズ》の為に、本来は一夜限りのバンドとして結成された。
 
2005年、上記ライブの為のリハーサルを収録したアルバム『IN THE STUDIO』の発売を機に活動開始。10本程のライブと2枚のアルバム+2枚のシングルを残したものの、僅か2年弱で活動は停止。
 
2015年12月、長い沈黙を破り突如の復活を遂げる。
新メンバーは、こだま和文(Tp / Vo)、HAKASE-SUN(Key)、森俊也(Dr)、コウチ(B)、AKIHIRO(G)。
 
’80年代に日本で最初のダブ・バンド、MUTE BEATのリーダーとして活躍し、その後はソロ活動を続けて来た こだま和文。久しぶりにバンドでの演奏に取り組む彼を底辺から支えるメンバーは、各々、その音楽人生の中で、こだまと何がしかの縁が在った者達である。バンドの演奏で表現する”DUB”と、こだまのトランペットのメロディーの融合は、他には例を見ないオンリーワンのものと自負している。
 
ゆっくりとしたペースでライブを重ね、2016年10月には渋谷クアトロライブが大入りに。2017年、映画『ひまわり』(ヴィットリオ・デ・シーカ、1970)のテーマをカヴァーし、自主レーベルから発売。
2019年にはオリジナル曲を含む次作の制作も予定されている。
静かなる躍動は続いている。
web
こだま和文 情報ブログ
DUB STATION BAND HP

電子地域通貨〈さるぼぼコイン〉をお使いいただけます

会場では、2017年より飛騨地域で利用可能となった電子地域通貨〈さるぼぼコイン〉をお使いいただけます。
スマホアプリにチャージをしておくと、キャッシュレスでお支払いが可能となります。
さるぼぼコイン1,000円のチャージで10ポイントのプレミアムポイントをプレゼント。1ポイント=1円でお使いいただけます。
チャージは、高山駅前の飛騨信用組合本店で行っていただくか、会場に出店予定の〈さるぼぼコインブース〉にて可能です。
会場で使いきれなかったコインは、飛騨地域内の加盟店でもお使いいただけます。

たとえば・・
アプリをダウンロードして、高山駅に着いたら、駅前の飛騨信用組合(ひだしん)本店でチャージ!
会場では、スマホをかざすだけでお支払いが可能です。お金のやりとりがなく、スマートにお支払いいただけます。

さるぼぼコインの詳細はこちら

top_coin_logo

アプリのダウンロードはこちらから

top_coin_app  top_coin_google

協賛

飛騨高山ジャズフェスティバルを
応援してくださるメンバーです